仕事の悩み

日曜日の夜が憂鬱なあなたが、休日に絶対にやってはいけない事とは?

いつも日曜日の夕方あたりからブルーな気持ちが大きくなり、TVでちびまる子ちゃんやサザエさんが始まるとその感情が一気に爆発する症状に悩んでいたCIPHERです。

月曜日から金曜日までつらい仕事をやっと乗り越え、リフレッシュできる休日があっという間に終わりを迎える…
こんなに寂しく辛い時間帯は無いですよね。

今あなたがこの記事を見ているという事は、程度の差はあれど
「明日から仕事かぁ」
「嫌だなぁ」
と日曜日の夜に憂鬱になり、悩んでいる事でしょう。

今回はそんなあなたの憂鬱な気持ちを少しでも和らげる為に
「休日に絶対にやってはいけない事」
を整理して見ました。

いきなり全てを止めるのは難しいと思いますが、取り組みやすい事から少しずつでも意識して改善して見てください。
体や気持ちが健康になってくると、日曜夜の憂鬱な気持ちも徐々に薄れてきますよ。
それでは見ていきましょう!

 

仕事で受けた嫌な事を思い出し「本当に許せない」などと怒りの感情を抱く。

誰しも傷ついた事、嫌な事は忘れる事はできませんよね。
私も悪意を持って嫌がらせをされたりした事は10年経っても忘れない執念深い男ですが、
休日にこれらを思い出し考える事はやめましょう。

せっかくの休日に、嫌な人間から受けた仕打ちを思い出し、嫌な人間に対する怒りを抱くことは、常にその嫌な人間に自分の人生を支配されている状態となります。
なにせ休日にまでその嫌な人間の事を考えるんですよ?
それは心が完全にネガティブなマイナスモードになっている証拠です。

これら嫌な事を思い出して考えても、なんの解決にもなりません。
それよりも休日は友人や家族、自分の趣味に没頭するなど、「会社員」では無い自分を大切にしてください。

ここがPOINT!

休日の過ごし方で大切な事は「辛い事」「嫌な事」「嫌いな人」の呪縛からあなたの心を解放する事です。まずは会社や仕事を完全に忘れる事のできる時間を作り、過ごしましょう!

 

心配な仕事の事ばかりを考える。

これも良くあるケースですね。
今進めているプロジェクト進捗の心配
休日明けにある大きなプレゼンが心配
月末にある営業会議で売り上げ未達を責められるか心配
など、いろいろな種類の心配事があるかと思いますが、それらは休日に心配する事で解決できるのでしょうか?
心配する事で解決できない問題は考えるだけ時間を無駄にし、精神をすり減らすだけです。

心配なのであれば、その心配の種を休みに入る前に確認、対応方法を検討しておきましょう。そうする事で休日は安心して休む事ができます。

ここがPOINT!

心配したり悩んだりするだけで物事は解決しません。心配ごとは原因を具体的に洗い出して一つ一つ原因を潰していく事で安心を得ることができます。何事も漠然と悩むのではなく「どうすれば悩みを解決できるのか」といった具体的な行動に落とし込みましょう。

 

会社メンバーとばかり遊び、休日も会社の愚痴を言い合う。

休日に会社のメンバーと飲みに行ったり、釣りやキャンプ、ゴルフに行く事自体はとても良い事です。
しかし日曜日の夜に「会社に行きたく無いなぁ」と悩んでいる人の場合は別問題です。

そんな人は、会社メンバーと会うと、必ずと行っていいほど「会社の愚痴」で盛り上がってしまいます。
これも会社や仕事に対するネガティブなイメージを増幅させる事となりますのでNGです。

特に「飲み会」は要注意です。
悪口、陰口がエスカレートしますので、他人のネガティブな感情もたっぷり浴びる事となりますので、もしその様な飲み会に参加している様であれば、すぐ参加をやめましょう。

休日に会社メンバーと会うのであれば
頻度は月に1〜2回、会社の不満や愚痴は言わない
といった事を意識して会いましょう。

ここがPOINT!

愚痴を言ってストレス発散をする事自体は否定しませんが、それが毎回となってしまう事は自分自身にネガティブな言葉を浴びせ続ける大きなデメリットになります。その場の一瞬は気が紛れるかもしれませんが、ネガティブな思考が染み付いて抜けなくなりますので気をつけてください!

 

メールチェックや会社携帯の着信チェック

責任感がある人は休日でも仕事のメールチェックや会社携帯の着信チェックをしがちですが、これも良くありません。
もちろん仕事が順調に進み、充実している中で進んで仕事に取り組んでいるような人であれば問題ありませんが、日曜日の夜に「仕事に行きたく無い」と思ってしまっているあなたはやめたほうがいいでしょう。

休日は仕事を完全に忘れ、リフレッシュする日として大切にしてください。
そうしないと365日会社に縛られ、会社中心の人生、会社優先の考え方が染み付いてしまいますので要注意です。

ここがPOINT!

責任感があるからこそ休日も仕事が気になり心配になる。その気持ちは痛いほどわかります。しかしその不安を埋めるために休日もメールチェック&返信するなどの対応は心の休まる時間を奪い、徐々に気持ちが追いつかなくなりますので仕事を忘れてリフレッシュする時間をしっかり確保しましょう!

 

休日の朝寝坊&夜更かし

翌日休みだからといって深夜3時4時まで起きていたり、疲れたから土曜日の昼前くらいまで寝ているといった普段の生活リズムが狂う事はやめましょう。
そのリズムの狂いが寝不足や変な疲労感を残し、「疲れたから月曜日は出社したく無い」と行った思考に繋がってしまます。
逆に休日だからこそ少し早く起きて散歩する、朝日を浴びながらお茶を飲む、など、健康的な1日を過ごせるように意識して見ましょう。

ここがPOINT!

睡眠は健康な心と体を維持するのに重要な要素です。睡眠不足が続くと常に疲れている様な状態になってしまいますので、毎日の生活リズムは崩さない様にしましょう。

 

無計画にダラダラ過ごし、体を動かさない。

これも休日の夜更かし、寝坊に通じる部分がありますが、休日にダラダラ無計画に過ごす事で「今日1日なんか無駄に過ごしてしまったなぁ」と変な罪悪感を感じつつ「休みが終わってしまう」といった感覚を強く意識する為、それが日曜日の夜に「また一週間がはじまる… 仕事に行きたく無い」となってしまいます。

できれば休日もある程度1日の予定を立て、その予定に沿ってテキパキ行動する事で充実した休日を過ごせ、その満足感の高い状態で月曜仕事を迎える事ができます。

ここがPOINT!

たまになら「何も計画せずに家でダラダラする」事もいいのですが、休日の毎日がこの様になってしまう事は良くありません。メリハリのある生活は心の活気にも繋がり、前向きに頑張ろう!と言ったプラス思考が自然に根付いてきます。

 

友人や家族と会わずに一人で引きこもる。

休日に会社以外のコミュニティの人物と会うことはとても重要です。
学生時代の友人や家族、恋人、サークルの仲間、なんでもいいです。
人間は3つのコミュニティに属していると心が安定すると言われていますが、
普段は会社中心の生活を送り、週末を一人で引きこもってしまっては、
「人生の価値観が仕事の評価に偏った状況」となります。
ぜひ休日は会社以外のコミュニティの人材とうまくリフレッシュしてください!

ここがPOINT!

真面目で責任感のある人ほど、何を差し置いても仕事を優先して考えがちですが、それは間違いです。自分の人生、友人や家族との時間を楽しく幸せに過ごす事こそが大切なのであり、それを犠牲にしてまで苦しんで仕事をする事は本末転倒です。そうならない為にも、会社以外のコミュニティに参加し、会社以外の肩書きを2つは持ってください。そうしないと自分の価値観が会社1つでしか考えられなくなり、仕事のストレスを受け流すことができず、「辛いけど頑張らなきゃ」と言った負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

あなたらしい休日を!

日曜日の夜が憂鬱なあなたが、休日に絶対にやってはいけない事をざっとまとめましたが、当てはまる事があれば、一つ一つ改善する努力をしてみてください。

人生はあっという間です。
そんな貴重な時間を「辛い」「苦しい」と悩んでばかりいる時間で過ごす事は本当にもったいない事です。
その様な悩みを持っている人は、今すぐ「どうすれば毎日充実して楽しく過ごす事ができるのだろう」と具体的に考え、そして行動してみてください。

自分が行動を起こさなければ、あなたの人生になんの変化もありません。
あなたが自分の意思で動く事で、あなたの人生をより良く変化させる事ができるのです。

恐れずに一歩一歩で良いのでまずは行動しましょう!

あなたの幸せな人生を応援しています!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です