仕事の悩み

休日も仕事が気になってしまうあなたは危険信号!?今すぐ不安やストレスを解消する方法。

休日に観覧に行ったお笑いLIVE中、嫌な取引先担当の顔が浮かび、以後全く笑えなくなった経験のあるCIPHERです。

さて、今この記事を見ていただいているという事は、あなたも休日に仕事が気になってしまい悩んでいるのですね。その気持ち痛いほどわかります!私自身が数年間その悩みと苦しみを抱えていたからです。

本日はその様な同じ悩みで苦しんでいるあなたが、
●仕事とプライベートの切り替えが上手くできる
●仕事以外の時間は心からリラックスできる
様になってほしい気持ちから、私が悩みを解決する為に実施した方法をご案内します。

この様な悩みを抱える人は
「真面目」
「責任感が強い」
「物事を断る事に大きな罪悪感を感じている」
と言った人が陥りやすい悩みです。
是非これから紹介する考え方を今すぐ実践して気持ちを楽にしましょう!

 

休日に仕事が気になってしまう悪い事例

休日も仕事をチェックする人は多いと思いますが、それが悪い方向に作用する事もあります。その様に休日に仕事が気になってしまう悪い事例を紹介します。

友人や恋人、家族と会話していても上の空になってしまう

これは良くないですね。一緒にいる人もあなたの気持ちが別の所に行ってしまっている事を感じ取り、不快に感じるでしょう。
仕事が気になるのはわかりますが、休日に仕事の事を考える事で心配ごとが解決するのでしょうか?休日にズルズルと仕事の事を考えるくらいなら、休日出勤してしっかり仕事を進めて、区切りがついたら代休をとるなど、しっかりメリハリをつける事が大切です。

会話の内容が仕事の話ばかり

男性にありがちなケースです。
仕事の話でも内容が「楽しい」「為になる」事ならまだ良いですが、仕事の愚痴や不満を一方的にぶつけるだけの話では、聞いている方が疲れてしまいますね。
ネガティブな仕事の話を続ける事は、自分の頭の中もネガティブに染まっていきますので要注意です。

ふとした瞬間に仕事の事が頭をよぎり、心から笑えなくなる

この症状は防ぎようがないですね…
私も冒頭の話の様に、楽しい時間を過ごしていても、なぜか急に仕事で気になっている事が頭をよぎってしまう症状に苦しみました。
休日に悩む事で解決する様な問題ではないとわかっているのですが、仕事を思い出すと、動悸が起こり息苦しくなるのです。

休日も常に緊張感が取れず、胸が締め付けられる、息苦しい感覚に襲われる。

前段の話の続きとなりますが、休日でも仕事の緊張感や、息苦しさ、動悸を感じる事が多くなると、これはかなり危険信号です。
私も一時期はこの様な状態に陥り、そのネガティブな感情は「なんで自分だけこんな辛くて苦しいプロジェクトの担当をしなくてはいけないのか?」と、同僚や上司、会社に対しての怒りが湧き上がり、会社の関係者の顔すら見たくない時期もありました。

またこうなると、友人や恋人、家族にもそっけない態度を取ってしまったりと、自分だけの世界に閉じこもりがちになるので、症状が悪化しやすい危険性があります。

 

これら症状がある人は今の働き方を見直さないと危険です!

あとこの様な症状が長く続いている場合、心身ともにとても危険な状態となりますので、一旦仕事のペースダウンをはかりましょう。

このご時世、何もいきなり仕事をやめる事はありません。
仕事の量を減らしてもらう、休暇をもらうなどで心と体を回復させつつ、在職している内に転職エージェントで新たな仕事、職場を探してもらう事もひとつの方法です。

辛い思いをしているあなたは、価値観の多くが会社基準になってしまっている状況となりますので、自分の可能性は他の会社、職場にもあるんだと感じるだけでも、気持ちが楽になります。

少しでも心当たりがある場合、無料転職エージェントでは
「理想とする職場、仕事への転職相談」
「無理の無い転職活動のポイント」
といった現在の仕事で悩んでいる事をキャリアアドバイザーに相談する事ができますので、すぐの転職は考えていなくても、無料登録して自分の状況や他社の環境など、客観的に相談に乗ってもらいましょう。
詳細=転職活動支援ならパソナキャリア

やってはいけない。休日の過ごし方

まず大前提として、「休日に仕事の事を考える事が大きなストレスになっている人」を対象にした内容です。
人はそれぞれで、仕事での自己成長に「やり甲斐や生きがい」を感じる人もいます。
起業家や経営層など、仕事の経営的立場に近い人は仕事とプライベートの境目もなく、またそれに大きなストレスを感じずにガムシャラに突き進むタイプの人もいますので、その点は切り分けてお読みください。

自宅に会社仕事ができる環境を準備する

まず、休日に仕事を考える事がストレスに感じている人は、休日にメールチェックできたり、会社の仕事ができる様な環境を家に作る事は避けましょう。
真面目で責任感がある人は、休みでもメールが気になりチェックし、トラブルやクレームがあると、週明けのその対応の事で頭がいっぱいで休日も全く頭は休む事ができなくなります。逆にずっと仕事の事を考えているので、精神的疲労を抱えたまま、また新たな一週間を開始する事になり、仕事のパフォーマンスも低下します。

この様なタイプの人は、まず休日は完全に仕事の事を忘れる事のできる環境を作る事を意識しましょう。

会社メールやメッセージを定期的にチェックする

前段のお話の中でもありましたが、休日に会社メールを確認する事はお勧めできません。
これは私の体験談ですが、休日にもメールをチェックしていると、どうしても気になる連絡には返信をしたくなります。
そして返信をすると、会社メンバーや取引先の人は「○○さんは休日もメールチェックするなんて仕事熱心だな!」と感心してくれ、またそれが嬉しかったりもします。

しかしそんな事を繰り返していると、周りの人たちはそれが「当たり前」になってくるのです。
「○○さんなら休日も対応してくれるから大丈夫」
「なんで今日は返信が遅いんだ」
なんて、今度は休日に対応しない事に対しての不満まで出てくる始末です。

こうなってしまうと、もう仕事もプライベートもありません。
良かれと思って休日に対応した事が、仇となって帰ってくるのです。

ですので休日に仕事をする場合は、しっかりと休日出勤を申請して、しっかりと代休ととる事が重要です。
あなたは会社の便利屋ではないのです。

会社のメンバーと会う

休日に会社のメンバーと会う事は、一見良さそうに感じますが、今回の前提である「休日に仕事の事を思い出してしまい悩んでいる」人は、休日に会社の人と会うのはやめましょう。

中には親身になって相談に乗ってくれる人もいるかもしれません。
一緒にストレス発散しよう!と誘ってくれる人もいるかもしれません。
皆善意でその様な事をしてくれようとしますが、まずあなたがするべき事は
「休日は仕事の事は完全に忘れる」
事です。

ですので、会社のメンバーと会うと、仕事の事を完全に忘れる事ができなくなってしまいます。ましてや仕事の悩み相談なんかしてしまっては、休日も仕事のネガティブな事を引きずりまくってしまいます。

よって、お勧めするのは、もし会社のメンバーに相談したい場合は、休日ではなく、平日の昼休憩や勤務終了後などに設定する事を強くお勧めします。
会社の人に相談する事自体は決して悪い事ではありませんし、それで悩みの原因が解決できる場合もあります。
しかし相談するタイミングは休日ではありません。休日は仕事の事を完全に忘れてリフレッシュする時間にする事が大切です。

会社や仕事の話をする

休日、友人や家族に仕事の話をする事もお勧めできません。
これも会社メンバーへの相談と同じですが、仕事の話をしたい場合は平日にしましょう。
休日に仕事の話をする事は、頭の中では仕事をしている時と同じ緊張感やストレスを感じてしまう為、精神的疲労の回復ができなくなってしまいます。

 

考えても解決できない「不安な事」は考えるだけ時間の無駄

さて、これまでは「こんな休日の過ごし方はダメだよ」といった事例をお伝えしましたが、今度は今回の本題でもある「不安やストレスを解消する方法」についてお伝えします。

不安や心配に思っている事がある場合、感情的にならず、まずは冷静に「不安の原因」を具体的に明確にしていきましょう。

その悩み、考える事で解決できる悩みですか?

まず行って欲しいのは「その悩みは休日に悩み考える事で解決する事なのか?」
といった事です。

例えば調査不足や提出資料が未完成であるといった場合は、休日出勤し調査や制作をする事でその悩みは解決できます。

しかし「交渉中の大案件の返答期日まであと10日あるが、良い返事がいただけるか心配」といった内容の場合、それは休日に悩んでも解決できる事ではありません。
考えるだけ無駄な時間になってしまいます。

この様にまずは「悩みの原因は考える事で解決できる悩みなのか」を切り分けます。
切り分けたのち、あなたが考える事、動く事で解決できる事であれば、悩んでいないですぐ解決に向けた行動を起こしましょう。気持ちが楽になります。

考えても解決できない悩みなのであれば「考えてもしょうがない」ときっぱり割り切りましょう。
これはいきなり割り切れと言われても、すぐには難しいと思いますが、こういった考え方を意識していくだけで、徐々に割り切る事ができる様になってきます。
心配性の私ができたんですから大丈夫です!

 

「休日に仕事を忘れる」具体的な対策

先ほどは「考えても解決できない悩みは割り切りってください」と伝えましたが、割り切るに当たって有効な対策があります。

日常のリラックスできる時間をしっかり確保する

まずはあなたの日常で「リラックスできる」「好きな事に集中できる」時間を洗い出し、その時間を大切にしましょう。

例えばお風呂の時間。
私はお風呂の時間を少し贅沢に、自分の好きな事に没頭できる時間としています。
●好きな入浴剤を入れ
●好きな音楽を聞き
●湯船でスマホ漫画を読む
という誰にも邪魔されない至福の時間を作る事で、嫌な事を完全に忘れる時間がとれ、仕事の嫌なモヤモヤを引きずりにくくなりました。

 

運動をする

体を動かす事はストレス解消や、仕事の悩みを忘れるのに最適です。
まずはあなたが出来そうな運動を休日にしてみましょう。
ヨガ、ストレッチ、筋トレ、ジョキング、野球、ゴルフ、テニス…
なんでも良いですが、できるだけ一人でもできる運動の方が、自分のペースで出来ますのでお勧めです。

複数コミュニティに参加する

これはかなり重要です。
所属しているコミュニティが「会社」だけの人は、価値観や存在意義を会社中心に考えてしまい「何を差し置いても仕事優先」になってしまいがちです。
そうすると理不尽な待遇や要求をされても、いつしかそれが普通になってしまい、心身疲れ果ててしまう危険性があります。

しかしあなたが、例えば趣味の「カメラ倶楽部」にも所属し、「スキルアップ系のオンラインサロン」にも所属しているとします。

すると、もし会社で辛い事があっても、他のコミュニティに参加しているあなたは○○会社の肩書きではなく、倶楽部やオンラインサロン内では仕事を忘れて、それぞれのコミュニティメンバーと接する事が出来ます。
それは「会社の呪縛」から解き放たれる為に大切な事なのです。

この様に仕事とは離れたコミュニティに参加する事で、自分の存在意義を会社軸から、分散させる事で、気持ちの切り替えもスムーズに行える様になります。

仕事のプライオリティを下げる

これは初めは勇気がいります。
特に真面目で責任感がある人にとっては、頼まれたら「辛いけど休日でも対応してあげたい」と心の中で思ってしまい、どうしても自分に無理をさせて他人の要望を叶える事を優先してしまいがちです。

しかしこれも良くありません。
あなたの人生、会社に尽くしてばかりでいいんですか?
大切でかけがえのない家族の時間、子供との時間を捨ててまで、会社の仕事を優先させる意味があるのですか?
そもそも「自分の人生を充実させる為」に仕事をするのではないのですか?

真面目で責任感あるあなたは「家族を幸せにする為に、俺が私が仕事を頑張らねば」と考えているでしょう。
それがたまの休日出勤や深夜残業ならまだわかりますが、慢性的になってしまっている場合、本来大切にすべき「大切な個人の時間」を捨てている事となります。
それは給料をもらっているので「捨てている訳ではない!」と思われる方もいらっしゃると思いますが、そもそもの考え方として、給与をもらって働く時間は「勤務時間内」が大前提です。

慢性的な残業や休日出勤になっている人は、そもそもその会社の業務の進め方や体制に無理があるのです。それをあなたは貴重でかけがえのない個人の時間を使ってカバーしているのであり、異常な状態と認識すべきです。
会社からは「良く頑張ってくれた」と褒められるかもしれません。
しかし会社はあなたの人生を守ってくれる訳でもなく、保証してくれる訳でもありません。
業績が悪くなればリストラ、倒産もあるでしょうし、後になって「家族と過ごす時間をもっと大切にすればよかった」なんて後悔しても、会社は何もしてくれません。

すぐには難しいかもしれませんが、あなたはまず「あなたを生きる時間」をしっかりと優先させ、仕事は業務時間でできる範囲として対応していく考え方にシフトさせましょう。

楽観的に考えるクセをつける

楽観的に考える事も、今はとても大切です。
印象的には「無責任」「いい加減」といった印象もある「楽観的」というキーワードですが、今世界的にも重要視されている「レジリエンス(回復力、折れない心)」でも重要なキーワードです。

物事を楽観的に考える事のできる人は、ストレスを成長の糧として利用する事が出来ますが、悲観的な人はストレスに押しつぶされてしまいます。

生物が成長するには適度なストレスは必要です。
仕事のストレスを楽観的に捉える事で、成長の糧にしていく事は、これからのビジネスマンには重要なスキルのひとつとなりますので、何事も完璧を目指すのではなく、「そういう事もあるよね」という位に軽く受け止める練習をしましょう。

 

責任感あるあなただからこそ、自分を犠牲にするのはやめよう。

この様に、休日でも仕事の事が気になって悩んでしまう人は、真面目で責任感がある会社にとっては優秀な存在である事が多いです。

しかしその会社の期待を真に受け、自分を犠牲にするのはやめましょう。
仕事は個人ではなく組織でするものです。
あなたに過度な負担がかかっているのであれば、会社は組織としてその状況を改善していく義務があります。

この様な事を会社に申し出る事は、真面目で責任感があるあなたには辛いかもしれませんが、もしあなた個人に負担がかかり過ぎている場合は気にする事はありません。
今すぐ申し出ましょう。

そして漠然と感情的に悩む事は辞めましょう。
時として悩んでいる自分に酔ってしまう状況にも陥りやすい為、今回の記事でお伝えしました様に、「悩みの原因は考え、行動する事で解決できるのか、出来ないのか」を切り分け、具体的な行動計画に落とし込む事で漠然とした不安をひとつひとつ払拭していく事が出来ます。

全てできる様になるには一ヶ月、三ヶ月、半年かかるかもしれません。
しかし今すぐこの様な考え方にシフトする事で、近い将来必ずあなたの生き方、人生にプラスになります。

私も時間がかかりましたが、自分で抱える事を辞め、出来ない事、無理な事は代案を提示してしっかりと交渉できる様になりました。

どうしても今の職場が限界のあなたは「転職」も解決方法のひとつです。

休日に仕事が気になるあなたの悩み解消方法をご紹介してきました。
あなたも明日からすぐ実践できそうな項目があったかと思いますので、是非すぐに実践して見てください。

しかし!

今の職場で上司、同僚、取引先、などなど。。。から理不尽に怒られ続け、精神的にも限界にきている人も多いと思います。

今この記事を見てくれているあなたも、その様な状態にあるのではないでしょうか。

その様な場合はあなたの心と体を守る為にも、転職も視野に入れた準備が必要となります。

勇気を出して「転職」する事で、辛い仕事の悩みから解放される場合もある!現状を変える「小さな一歩」が重要。

●自分の能力や適正と、今の職場環境や仕事内容にギャップがあり、毎日辛い。
●上司や取引先からのパワハラで仕事を思い出すと胸が苦しくなる。

など、今の会社を辞めたいんだけど、転職する勇気がなくて我慢だけして時間が過ぎてしまっているあなた。その現状は辛いですね。

そんな時は以下の記事にも是非目を通してください。

また転職活動を全力でサポートしてくれる転職エージェントも賢く利用してください。
利用者は「悩み相談」「転職活動サポート」「面接合格のコツ」といった心強いサービスをすべて無料で利用できます!詳細=転職活動支援ならパソナキャリア

休日も仕事が気になってしまうあなたは、それだけ真剣に一生懸命に仕事を頑張っているという証拠です。
この記事が、そんなあなたの「抱えている悩み」や「ストレス」を前向きに改善する為のヒントになれば幸いです。

私も数多くの悩みを抱えていますが、誰もが辛い事、苦しい事を抱えていると思います。
ぜひ一緒に頑張って楽しい毎日を過ごしましょう!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です