仕事の悩み

だからあなたは怒られる…仕事で怒られやすい人の10の特徴

何故かいつも怒られている人っていますよね。「それって俺、私の事じゃん」って思ったあなた。安心してください。

同じ事をやっても怒られる人、怒られない人、何が違うんでしょうか?
これから紹介する10の特徴をしっかり見直し、行動に移す事で「怒られキャラ」から脱却する事が可能です!

「怒られキャラ」から脱却するだけで、仕事のストレスはめちゃくちゃ軽減されますよ。
ぜひ実践してください!

今の仕事がつらく悩んでいる人へ

完全無料のおすすめ転職サービス

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

まずは印象が第一!普段の態度を変える。はっきりと大きい声で語尾までしっかり話す。

怒られやすい!文句を言われやすい人の特徴でほとんど当てはまるのが「おとなしい人」です。

誰でも「反撃されない人」には安心して物事を言いやすいですよね。

もちろんミスをして怒られる、明らかに間違いをおかして怒られる事は当たり前ですが、
特に大きなミスもしていないのに、なぜが怒られたり、説教をされる人は、ただ文句を言いたい人のストレスの吐け口になっている可能性もあります。

もし「理不尽に怒られているな」と感じたら、まずはあなたの日頃の態度を変えましょう。
ポイントは下記となります。

  1. 日頃の挨拶は大きな声で。
  2. 話す時、語尾までしっかりと声を出してはっきり話す。
  3. 話すときは相手の目を見て。日頃の姿勢も胸を張って。
  4. おとなしいキャラクターはそのままでOK。しかし自分の意見はしっかり伝える事。
  5. たまには静かにキレてもいいですよ。※これ結構効きます^^

まずは上記を実践するだけでも大きな効果が期待できます。

これ、私もおとなしいキャラクターなので、ちょっと油断すると結構言いがかりをつけてくる人も多いのですが、普段の態度を意識して変化させたり、変に逆上して抵抗するのではなく、冷静に「そういう言い方やめてもらえませんか」と伝えるだけでもストレス解消として言いがかりをつけてくる人の態度は変わります。

これは「自分に非は無いのに怒られる、言いがかりをつけられる」場合の対処方法ですのでまず紹介させていただきました。

次からは「あなた自身に問題がある場合」の解決方法です。

 

相手の話をしっかり聞く。話の腰を折らない。

これも重要です。相手の話の途中で自分の意見を言ったり、話題を変えてしまう癖のある人がいますが、この癖はすぐに直す必要があります。

特に相手が上司やクライアントの場合、これをしてしまうと大きなストレスを相手に与える事になります。

また自分自身も「物事の本質を理解できない人間」と言った評価になってしまいますので
この様な癖がある場合、すぐに改善しましょう。

最後まで相手の話をしっかり聞く。そして本質を理解した上で発言していく事で、
会話もスムーズに進み、相手にストレスを与える事もありません。

 

 

報告や説明は簡潔に。だらだらと話さない。

この癖も上司から怒られるベスト3ですね。
忙しい時に、なんだかよく分からない話をダラダラとされても聞いている方はイライラが募っていくばかりです。
この改善ポイントは下記です。

  1. 結論→理由 の流れで簡潔に説明する
  2. 報告相手に「何をして欲しいのか」を明確に伝える。(単なる状況報告なのか、やってほしい事がある相談なのか)
  3. 複雑な経緯の話などは、まずメールにて詳細状況を伝えておき、相手が状況を理解した上で直接報告。

これ自分が忙しい時に部下から報告や相談を受ける事も多いですが、話しの最初で「なんの話か分からない」「自分に何をして欲しいのか分からない(報告なのか、相談なのか)」
と言った状況だと聞いている方もストレスがたまり「一体何が言いたいんだ!」と言いたくなる気持ちもわかります。

「○○の件が上手く進んでおらず、△△の対応で進めてます。やって見ないと状況が分からない為、売り上げ達成も50%位の確率で達成できるかもしれません」

なんて報告を受けたら「だから何が言いたいの?」となりますよね。

ですので、まずは

「○○の件でご相談があります。メールでも詳細経緯ご報告させていただきましたが、今月の取引確定が急遽延期となり、このままだと売り上げ未達になります。
自分としては△△の対応で進めたいと考えていますが、問題ないでしょうか?
△△の対応で進める理由としては・・・で商談成立の可能性は50%ですが、★★さんにも次回打合せに同席いただき、クロージングのご協力をお願いできまでんでしょうか」

と言った感じで「何の相談か、何をして欲しいのか」を明確に端的に伝える事で、聞き手のストレスは大きく改善されます。

曖昧な自分の考えもない報告や相談をしている人は今すぐに改めましょう!

 

 

報告&相談は密に行い、唐突な報告は避ける。

報告や相談は密に。

これはメールでOKです。毎回直接報告に来られでも邪魔なだけなので、普段は状況報告をメールで共有し、重要なタイミングや、相談がある時に直接意見を伺います。

ここで重要なのが、普段からメールで状況を共有しておく事です。
上司もメールを見ていれば、あなたがどんな状況でどんな動きをしているかを把握できます。場合によっては上司から「こうした方がいいよ」とアドバイスがあるかもしれません。

それが、状況も共有せずに、状況が悪化してから「どうしたらよいでしょうか」なんて相談されても相談された方も困ってしまいますよね。
「何で今頃言うんだ!」って怒られるのがオチです。

よく怒られる人は危機察知能力が鈍い為に、ミスを繰り返してしまう人も多いと思います。
そんな時は状況を共有する事で、上司や周りが「その状況はまずくないか?」と危機の芽が小さいうちに気づいてくれる可能性も高い為、ここが苦手な人は、周りを巻き込んでプロジェクトを進めましょう。大きな失敗が減りますよ!

これは実際に私が部下の状況を確認して、アラートを出す事で、その部下のトラブルを大きく減少させる事ができた実績からの提案です。

 

 

話しかけるタイミングを見極める。

細かい事ですが、同じ報告でも話しかけるタイミング次第で結果は全く異なります。

よく怒られる人は、そう言った「空気を読む」力が弱い為に、不必要に怒られてしまう人も多いですね。

話しかけてはいけない代表的なタイミングは下記となります。

  1. 相手が出かける直前や会議前など。スケジュールの事前確認は重要。
  2. 電話が終わった直後。相手が電話の内容を整理するちょっとの時間を確保。
  3. トラブル対応をしている時。

あとは、相手の雰囲気で「今は余裕が無さそうだな」なんて感じ取れる位なら、怒られてはいないと思いますが、相手の都合や状況を無視した声がけは相手に迷惑をかけますので、まずは相手の状況をしっかり確認しましょう。

 

相手の言いたい事の本質、真意を考えて発言、行動する。

これはハードルが高いです。
なぜなら事の本質を理解できないから「怒られる」のですから。
これが出来ていればこんな事で悩んでませんよね。

ここは訓練になりますが、まず自分が理解できていない場合は、しっかり相手に質問する事です。

質問する事で「そんな事も理解していないのか」とその場で怒られるかもしれません。
しかし、そこで質問せず、アヤフヤなまま事を進めて、後戻りできないタイミングで「あの件はどう言った意味でしょうか?」なんて質問したら怒りを通り越して呆れ返ってしまいますよね。

ですので、まずは分からないことはしっかりき聞き、自分の中で相手の伝えたい事をしっかり理解する訓練をする事が重要です。

これも繰り返す事で訓練され、ポイントがわかってきますので、そうなると社内、社外でも打合せでのトラブルが激減します。

 

感情的、主観的な報告はせず、客観的データに基づいた報告へ。

感情的、主観的な報告は全く無意味。
これも「だからどうしたの?」となってしまいます。

「こんな難しくて大量な仕事、期日まで出来ません」

と言われても具体的なサポート提案はし難いですよね。

「難しい」「大量」と言っても人それぞれで感覚は違いますし、まずはそこから掘り下げて聞いてあげなければいけません。

「○○の仕事ですが、データ解析部分だけ自分のスキル不足で十分に対応できる自身がありません。またその為、データ解析で時間を取られ、サンプルをまとめる部分の対応が100ページ中20ページ程期日まで間に合わない進捗です」

と具体的な状況を数値で報告すると共に「何が問題」かも伝える事で、相談された方も対応案をすぐ提示できます。

ここが出来ない人は結構多く、何事も数値で明確に報告する事が重要です。

 

情報&知識は武器。しっかりと理論武装をする。

「あ、こいつ何にもわかってないな」
と重要な会議で思われてしまったらおしまいです。
クライアントとの重要な契約会議であれば、契約自体白紙になりかねませんね。

「怒られない」という事は「信頼される」という事です。

打合せや会議で、議題に関する情報をしっかり収集、意見を求められた時にも積極的に発言をする事で、「こいつはしっかり考えているな。任せて安心だ」と信頼を得る事が出来ます。

逆に情報収集などを怠り、全く役立つ発言も出来ない場合は
「心配でこのプロジェクトは任せられないな」となりますよね。

ここもいきなり完全に対応する事は難しですが、これらを意識して打合せ、会議に望む事でトレーニング出来ますので、あなたが苦手に思っている場合は、今すぐ実践してくださいね!

 

社内外でのキーマンとのつながりを強化し、自分のポジションも向上させる。

あなたが自分の意見がいつも却下される。信用されないシーンが多いと感じた場合、社内外のキーマンとの繋がりを強調させる事も有効です。

「○○部の△△さんに相談し意見いただいたのですが、…」
「○○業界で著名な△△さんの発表データの通り、…」

と言ったように、キーマンや著名人をうまく利用して、自分の意見を通す方法です。
この手法も結構効果的ですよ。

権威ある人の意見やデータは信頼度が高いですから、事がスムーズに進みます。

 

「でも」「だけど」と言った後ろ向きな発言を辞める。

最後に、「でも」「だけど」「しかし」と言った、相手の意見を否定し、後ろ向きな発言を繰り返すのはやめましょう。

これはポジティブに、建設的な意見としての活用なら全く問題ありませんが、ネガティブな意味で利用する事は言い訳にしかなりません。

毎回後ろ向きな言い訳をする人と思われたら嫌ですよね。
こうなると怒られるどころが、呆れられて何も言われず、見放される可能性もありますので、「出来ない理由」を探すのではなく「できる方法」を前向きに探す癖をつけましょう!

 

理不尽に怒られでばかりで我慢が限界のあなたへ

怒られキャラからの脱却方法をご紹介してきました。
あなたも明日からすぐ実践できそうな項目があったかと思いますので、是非すぐに実践して見てください。

一週間も続けると、あなたの印象は怒られキャラからだいぶ変化している事でしょう!

しかし!

今の職場で上司、同僚、取引先、などなど。。。から理不尽に怒られ続け、精神的にも限界にきている人も多いと思います。

今この記事を見てくれているあなたも、その様な状態にあるのではないでしょうか。

その様な場合はあなたの心と体を守る為にも、転職も視野に入れた準備が必要となります。

勇気を出して「転職」する事で、怒られキャラを脱却し、生き生きと楽しく働いている同僚のお話し【実話】

●いつも怒られでばかりで今の職場でやっていく自信がない。
●怒られると言うかイジメレベルの事をされているので、心機一転、新天地でやり直したい。

など、今の会社を辞めたいんだけど、転職する勇気もなくくすぶっているあなた。

こんな時に是非役立てて欲しいのが転職エージェントです。
利用者は完全無料

●転職相談&アドバイス
●自己分析&適職診断
●転職活動サポート(面接同行や採用アピールバックアップなど)
●転職先開拓

といった様々なサービスを受ける事ができるので、
●転職活動に踏み出す勇気が出なかったあなた。
●本当に転職すべきか自分一人だけで悩んでいるあなた。
は是非転職エージェントを上手く活用してください。
本当に転職活動をしている人にとってはメリットだらけのサービスです。

やはり自分一人だけの転職活動より、エージェントのバックアップがあるという事は精神的にも心強いです。

また「怒られてしまう原因」についても、数多くの転職者を見てきている担当者からのアドバイスを素直に聞き入れる事で、転職活動の成功率も大きく向上しますので、まだ転職エージェント未登録の方は是非登録して見てください。3分の簡単登録で、あなたの現状を打破する一歩を踏み出す事ができます。

簡単3分で無料登録。大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

私の同僚の話ですが、気が弱く空気が読めない同僚は、仕事ができない訳ではありませんが、どうしても「イジメられやすい」タイプで、少しのミスでいつもネチネチと怒られ「使えない奴」と行った烙印を押されていました。

しかし彼は転職エージェントに登録して、紹介された転職先で出世し、今では組織を束ねる役職にまで上り詰め、とても生き生きと働いています。

私自身が信じられない位の変化でした。人って環境によって才能を潰すか伸ばすか、全然変わってくるのです。彼も勇気を出して転職エージェントに登録した一歩があったからこそ、生き生き楽しく働いている現在があるのです。

その姿を見てから、「同じ組織、会社の中だけで考えるのではなく、今の会社が合わないと思ったらどんどん転職活動すべき」と、強く思う様になりました。

と少し話が脱線してしまいましたが、その様な事が現実に数多く起こっている事を伝えたかったのです。

そしてこの記事を見ていただいて「転職エージェントに登録してみようかな」と考えたものの、「どの転職エージェントに登録したらいいのかわからない…」と言ったあなたは、まずは幅広い求人情報を取り扱う大手転職エージェント大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】に登録する事をおすすめします。

辛い職場なら思い切って転職する事も解決方法の一つです。
転職エージェントはその様なあなたの悩みや現状をしっかり把握し、転職活動のサポートを行います!

「数多くある転職エージェントの中からどこに登録すればいいの?」という方は、まずは幅広い求人情報を取り扱う大手転職エージェントに登録する事をおすすめします。その代表格パソナキャリアは業界トップクラスの取引企業【16000社】の求人情報を扱う転職エージェントで、高い専門性を持つ専任のキャリアアドバイザーがあなたの転職成功までを支援してくれるので、心が折れそうになる、というか必ず折れる(汗)転職活動の強い味方となってくれます。もちろんこの他に自分の求める専門業種に強い転職エージェントや、地元に密着した転職エージェントにも登録するなど、複数登録する事で活動の幅が広がりますので、あなたのペースで転職活動をする上で、完全無料で思う存分転職エージェントを活用してください。利用しないで苦労した私が断言します。無料でこんな手厚い転職サポートを受けることができるなんて利用しない理由はありませんよ。まずは一歩を踏み出しましょう!!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

また、「そもそも転職エージェントって何?」と言う人は下記記事も熟読の上、転職エージェントを活用しまくってください!

 

何事も小さな一歩から人生が大きく動きます。
それではあなたの勇気ある一歩を応援しています!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です