人間関係の悩み

アラフォー男子が必ずぶつかる「仕事と人生の理想と現実」

アラフォー男子が必ずぶつかる「仕事と人生の理想と現実」

毎日頑張っているアラフォー男子の皆様、こんにちは。

この年代になってくると「人生折返し地点」といった感覚が襲ってきて
「このまま今の会社で定年まで勤め上げる?」
「そもそも今の会社はそこまでもたずに潰れるんじゃ?」
「悔いのない人生にする為に、一発独立するか!」
「けど大切な家族に迷惑はかけたくないし…」
「今でも家族を養っていける給料はもらってるから、仕事は割り切ってプライベートを楽しむ考えにシフトしようか」

などと、頭の中のもうひとりの自分が語りかけてきます。

まわりでも、
思い切って転職する人、
独立する人、
今の会社で頑張る人、
色々な決断をするアラフォー男子がいます。
そんなアラフォー男子の「仕事と人生に対しての理想と現実」の苦悩を少しでも解決できる考え方をまとめました。

 

ここまで損な年代!アラフォークライシス!

先日、クローズアップ現代で「アラフォー・クライシスⅡ」が放映されていましたね。

22歳:就職氷河期
26歳:ワーキングプア
30歳:派遣切り
40歳:7040問題
と様々な問題に直面してきたタフな年代です。

私も20代の就職・転職には本当に苦労しましたし、二十代後半での転職が成功していなかったら、
結婚もできない極貧生活のままだったかと思うとゾッとします。

この様な時代をくぐり抜けてきたからこそ、将来に対しての不安がありつつも、やっと手に入れた仕事や築いてきたポジションをそう簡単に手放していいものか悩んでしまいますね。
本当に大変な年代です!!

 

あなたはどっち?「仕事に自己成長や充実求める派」「プライベートな時間の充実を重視する派」

これはどっちの考えが良い悪いといった事はありません。個人の人生観、価値観によりまったく異なります。
しかし、自分がどっちの考えに寄っているかで、人生の方針がかわってきます。
まずはこの点を良く考えてみましょう。

「仕事に自己成長や充実を求める派」
であれば、今の会社に所属して、
現在の仕事で自分が成長できる事
を書き出してみます。

●チームマネジメント力の向上
●コンサルティング能力の向上
●営業スキルの向上
など…

いくつ書き出せたでしょうか?
そしてそれら内容は自分が求める将来像とリンクしていますでしょうか?
ちょっと方向性が違ったり、自分の求めるスキル業務が無い、または少ない場合は、今の会社でその業務につけるかを交渉し、できるだけ現在の職場で実践できる方法をまず考えるのがベストです。

そして
「プライベートな時間の充実を重視する派」
であれば、会社に対して
自分の重視するポイント
を書き出します。

●給与
●休日
●業務ストレス
など。

それが現在どれだけ実現されているかによって、転職も考える必要がありますね。
会社としては「仕事に自己成長や充実求める派」の要望は比較的叶えてあげやすいです。
仕事にやる気のある人材に新たな職務を経験させる事は、会社としてのメリットも大きいからです。

しかし「プライベートな時間の充実を重視する派」の要望は
同じ会社では叶える事はむずかしいでしょう。
給与や休日などは会社の規定があるので、個別対応する事は難しく、
そこで自分の希望との乖離がある場合は、選択肢は転職しかありません。

ちなみに余談ですが、管理職の方は部下が上記のどのタイプかによっても、対応方法を変える必要があります。
プライベート重視派の人に「新しいプロジェクトリーダーを任命する」なんて言っても
本人は仕事での自己成長に重きを置いていないので、嫌な顔をされるのがオチです。

逆に「仕事に自己成長や充実求める派」のスタッフには、
「休日を増やすよ」「福利厚生をこんなに充実させたよ」という事よりも
「魅力的なプロジェクトの仕事をとってきたのでメンバーになって」
といった事の方が本人の目的と合致しますので、この点の価値基準を把握しておくと仕事上のミスマッチが無くなります。

 

やった「後悔」 やらなかった「後悔」 どっちを選ぶ?

私は子供の頃からこんな想像をよくします。
おじいさんになって、寝たきりのベッドの上、死期がせまる中、
「若い時にあれをやっておけば良かったなぁ」
と色々と後悔する自分を妄想するのです。
こんな風にはなりたくないと。

特に「やっておけばよかった」という後悔は絶対にしたくありません。
※といってもすでに今でもいくつもありますが…

そんな後悔を無くすために、ここで一度あなたの「これから実現したい事」を書き出してみましょう。
●今の辛い仕事、職場から転職したい
●◯◯の資格を取得したい
●毎日家族と一緒に夕食を食べたい
●休日はゆっくり映画をみたい
●趣味の音楽活動を余暇に楽しみたい。
などなど、できるだけたくさん書き出します。
そのやりたい事の集合体があなたの価値観です。
これらやりたい事で仕事関連の内容が多いのか、プライベートな内容が多いのかによって、自分の本心、人生において何を重要視しているのがが明確になってきます。
自分自身を把握する為にもぜひ書き出してみましょう!
そしてそれらを実現する為、それぞれの項目をより深掘りしていきます。

 

幸せの尺度は自分自身の中に持つ!

上記で書き出した「実現したい事」を今度はより深掘りしていきます。そうする事でそれは「自分自身の価値基準でそう思っているのか」「そうなる事で他人によく見られたい」といった他者の価値基準で考えているのか、根本的な部分がわかります。

たとえば


●転職したい

●なぜ?

・Aさん:上司から「おまえはこの仕事に向いていない」と言われた。
・Bさん:友人から「あんな会社に努めているのはもったいない」と言われた。
・Cさん:自分の求める業務ができない為、スキルアップを図れる会社に転職したい。
・Dさん:今の会社規模では扱えない、もっと大きなプロジェクトが経験できる会社で働きたい。


と考えたとします。

Aさん、Bさんは他人の価値基準に流されてしまっていますね。
Cさん、Dさんは自分の価値基準で転職を考えています。

おなじ転職でも他人の価値基準で行動する人と、自分の価値基準で行動する人では、その後の人生の満足度、幸福度が大きく異なってきます。

他人の価値基準で動く人は、いつまでたっても自分の人生の満足度や幸福度が他者に依存してしまう為、いつになっても満足する事はなく、幸せにはなれません。上には上がいる為、いくら転職して一時的に幸福を感じても、また他者と比較してしまい満足度、幸福度は低下します。まさに欲望の無限地獄といった感じですね。

かわって自分の価値基準で行動する人は自分の幸福度の軸がしっかりしている為、人生を楽しく幸せに過ごせます。
他人の評価を気にするのではなく、自分自身の指標として物事を考える事は、仕事や人生においてとても重要です。

ですので、仕事を辞める、転職する、といった事を考えるときに、一度「幸せの尺度は自分自身の中にあるか」をしっかりと確かめ、辞めたい理由、転職したい理由を書き出し、深掘り、自分は他者の価値基準で動いていないかを確認しましょう。

 

一度きりの人生、明るく楽しく過ごしましょう!

色々と書いてきましたが、アラフォー世代の我々は健康に体が動かせる年数も限られます。
※書いていてなんか寂しくなりますがw

なんだかんだいっても一度切りの人生、明るく楽しく過ごす事が一番ですよ!

あなたは一日何回笑ってますか?仕事中に笑顔はありますか?

色々と厳しい世代ではありますが、将来はこれからの自分自身の1日1日の行動の積み重ねで大きく変化します。
明るく前向きに一緒にがんばりましょう!

そして「仕事と人生の理想と現実」の悩みを解消するには、まず「自分自身の価値基準で行動する男」になりましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です